給与トップ> 北見塾> 先輩の北見塾生による推薦の言葉

先輩の北見塾生による推薦の言葉

事務所経営のノウハウを会得するなら北見塾!
石田和彦

石田和彦北海道賃金労務研究所/札幌市)

第3期生の石田和彦です。私の事務所経営と私の人生は、北見先生と出会えて180度変わりました。これは、大げさな話ではなく、実話です。
私が感じた北見塾をまとめました。皆さんが検討なされる参考情報になれば嬉しく思います。

北見先生との出会いで得られること

1)事務所経営のノウハウ
士業には欠けている経営ノウハウを会得できます。知らず知らずの内に巻き込まれる“ワーキングプア”から、一気に脱却できるノウハウです。
また、複数の職員さんを抱えておられる事務所には、職員教育と職員把握術も惜しげもなく教えていただけます。これも感動モノです。

2)営業ノウハウ
どのようなツールを使って、どのようにターゲットを絞り込むのか? 営業の成否の鍵を得ることができます。

3)労務相談ノウハウ
北見先生が提供くださるツールを使えば、労務相談単価のケタが変わります。労働問題に関する情報から今話題の実在者賃金「ズバリ! 実在賃金」情報を通して明日から使える社労士ノウハウを会得することができます。
「情報を発信する者に情報は集まる」が北見先生のモットーです。北見塾の塾生の方々もその精神をお持ちの方々が多く、本当に勉強になります。

4)仕事に対する執念
「まっとうな企業とまっとうなお付き合いをする」執念が沸々と沸いて来る塾です。これだけでも参加する価値はあります。

明日から使える情報は溢れんばかり得ることができます。後は、どのようにして自分で使いこなすかが問われ、自分も情報を発信できるかが問われているのだと思います。

北見塾に入っていなかったらと考えると、恐ろしくなります
島守雅之

島守雅之島守経営労務事務所/青森県)

2期生の島守です。

2年前に1期生から第2期北見塾へのお誘いを受けた当時、私の事務所は私の他職員3名の4名体制でした。『少数精鋭』を目指した事務所作りをしていたので、目の回るような忙しさで、仕事に追われる毎日でした。
受講料と旅費、そして受講期間中に溜まるであろう仕事の処理のことを考えると受講の決断をすることが出来ず、1ヵ月間悩みました。

しかし、『チャンスの神様は前髪しか生えていない!』の言葉を信じ、思い切って受講の決断をし、申し込みを済ませました。

受講申し込みを済ませた途端にヤマのような教材と課題、そして北見先生の講演テープを送っていただきました。講演テープや課題をひとつずつこなしていくことによって、顧問先へのアドバイスの幅が広がり、顧問先がどんどん増えていいきました。
北見塾の受講期間が始まるころには、受講料や旅費等に投資した金額はすべて回収してしまっていました。

北見塾では、

1)事務所の経営計画の立て方
2)営業方法
3)職員の研修方法
4)塾生同士の情報交換

等々の貴重な情報をたくさん提供していただいたお陰で、3年後、5年後の自分の事務所の明確なビジョンを描くことが出来、迷うことなく事務所を拡大することが出来ました。

『中業企業は多数精鋭である』という北見先生の言葉を実践することにより、受講から2年を経過した現在は、売上げと職員数が2倍になったばかりではなく、自分の自由に使える時間も劇的に増加し、新たな事業戦略を考える時間を持つことが出来るようになりました。
2年前に北見塾を受講していなかったらどうなっているかを考えると、恐ろしくなります。

投資したお金と時間は必ず大きくなって皆さんのもとに帰ってくることでしょう! 迷わずに私たちと一緒に学び、一緒に発展しましょう!

何となく過ごしていた毎日が、ガラリと変わります
奥島 繁

奥島 繁奥島特定社会保険労務士事務所/岩手県盛岡市)

北見塾への参加を検討されている皆さまへ
3期生の奥島繁です。

入塾するまで半信半疑で高い参加費を払いました。すぐに届いたのは驚くほどたくさんの資料とセミナーCD、課題・・・。ただ、北見先生の理論を身に付けると一回りも二回りも大きくなれると信じて勉強しました。

入塾するまではただ何となく過ごしていた毎日ですが、入塾後は考え方や行動がガラッと変わります。

どう変わったか?

なんといってもお得なのは北見事務所の様式、書式類をいただけるので自分の事務所で作る手間が省けます。地方の方は特に1県1人しか塾には入れませんので、早い者勝ちです。

入塾して売上は6倍になりました
中川清徳

中川清徳中川式賃金研究所/茨城県)

現在3期生まで塾生がいますが、大都会を除き、塾生は1県1人に限定されています。
北見塾は、いつまでも開催されるのではありません。
もし、入塾を迷っているのであれば、入塾を決心されることをお勧めします。決心しないと後悔するかも・・・・・・。なにしろ、塾生は1県1人に限定ですから。

入塾を迷う人の悩みは

1.塾費が高い
2.塾費に見合う内容なのだろうか?

ということではありませんか?

1.塾費が高いことについて
いいものは高いのです。

2.塾費に見合う内容なのだろうか?について
北見先生のベストセラーに次の著書があります。
「サービス残業・労使トラブルを解消する就業規則の見直し方」

たぶん、あなたはこの本を読まれたと思います。
もし、まだであれば、塾に入るかどうかをこの本を読んでから考えてください。この本だけでも一般の就業規則の本とはレベルが違うと感じられることでしょう。

ここだけの話ですが、北見塾で教えていただくことは、こんなものではありません。北見先生は多数の顧問先を抱えており、従業員の総数は一万人以上です。

それで起こる日常の問題を毎日毎日解決されています。その事例にもとづく、ツールやノウハウを提供していただけます。それも、電子データでいただけるので、自分で修正もできます。

入塾したことにより売上を2倍3倍した塾生は数えきれません。県でナンバーワンの社労士が複数存在します。中川は入塾して3年が経過しましたが売上は6倍になりました。
塾費は高いように思うかもしれませんが、安すぎるというのが実感です。すぐに元がとれます。(本人の努力次第であり、保証されるものではありませんが)

いかがでしょう? 人生、決断をする時があるものです。あなたの人生の決断はひょっとした今かもしれません。

「教わったとおりに素直に実行すれば必ずよくなる」を実感します
市島 徹

市島 徹市島徹社会保険労務士事務所/横浜市)

3期生の市島徹です。

昨年の北見塾の入塾説明会に参加し、先生の熱意に感動をしました。
それまでは事務所経営をまともに考えたり、取り組んだことはありませんでした。「儲かる、伸びる社労士事務所の経営のコツ」のお話を聞いた時には「これだ!」と思いました。

塾にどうしても入りたい、今このチャンスを逃すと絶対に後悔すると直感で感じました。塾費はいつでも回収できると、変な確信を持ったのもこの時です。
あれから1年、自分自身が大きく変われたと思います。

<入塾して本当に良かったと思うこと>

  1. 経営者と自信を持って話ができるようになった
  2. セミナーの講師ができるようになった
  3. ホームページを塾生の皆さんとリンクしてもらえたことで、検索順位が上がり、お客様を獲得できるようになった
  4. 事務所経営に成功されている塾生の皆さんからたくさんの刺激を受けた
  5. 就業規則はじめ営業ツールをたくさんいただけるので提案型の営業ができるようになった
  6. 困った時に相談にのってもらえる先輩・同期生がたくさんできた

平成18年10月、名古屋の塾で、塾生の先輩方から「北見先生から教えてもらったとおり、素直に実行すれば必ず良くなるよ」と言われました。本当にそのとおりだと実感しています。

さらなる自分自身の成長を目指している方は、このチャンスを逃さず、つかまえた方が良いですよ。塾費は自分への投資・仕入と思って、思い切って決断されるのがよろしいのではないかと思います。

ぜひ、一緒に学び、成長していきましょう。

経験に基づいた貴重なアドバイスが集まってきます
山口悦子

山口悦子西遠労務協会/静岡県浜松市)

1期生の山口です。
北見塾も塾生が40名を超え、以前にも増して充実してきました。

北見塾に入塾すると、すぐに先生から、外では絶対に聞けない労務管理のポイントの話をうかがえます。また、すぐにでも使える貴重な資料をいただいたり、また事務所経営のポイントを教えていただけます。
そしてまたそれだけではなく、わからないことがあったらいつでも、先生からも、日本全国の塾生達からも、経験に基づいた貴重なアドバイスが集まってきます。

私もよくいろいろな勉強会に参加しますが、この北見塾ほどためになり、また先生を中心にして塾生がまとまっている勉強会はほかにありません。

私が、特に入塾をお勧めしたいのは、こんな方です。

  1. 他の事務所に無いノウハウで、事務所を急成長させたい方
  2. 北見先生や全国の仲間とのネットワークを持ち、情報を得たい方
  3. 勉強はもちろんだけれど、先生や仲間と楽しく交流もしたい方

確かに塾の費用は高い! けれど、「損をした」という言葉は、塾生の間でささやかれたことはありません。とにかく、心からおススメします。

よそには無い、労務士事務所経営セミナーでは無い“塾”
橋 敏夫

橋 敏夫働きがい研究所/福井市)

セミナーは主催者が結局のところ、主催者自身のために行うもの。しかし、この北見塾は、北見先生の思いである「塾生がよくなること」が趣旨。

もうこんなもんだろうと諦めかかっている、しかし、なんとかしたい。
まだ諦めたくない。
ライバルには負けたくない。
絶対一番になってやる。
毎日毎日、いそがしいだけ、貧乏暇無し、これではワーキングプアーだ。
事務所を大きくしたい。
結果のある人生にしたい。
家族経営≒生業から脱したい。
本音で語り合える仲間がほしい。
どこのコンサルにもできない、納得の賃金コンサルがしてみたい。

こんな思いの方にお勧めです。

入塾すれば、独自のノウハウが手に入ります。
その気になることが出来ます。
その気になれば、目的は達成できます。
夢が目標に変わり、現実になります。

北見先生の思いが、実現します。

「まっとうな顧客」と付き合うことができるようになります
糀谷博和

糀谷博和糀谷社会保険労務士事務所/神戸市)

私が、北見塾に入塾させていただいたのは、すでに塾生であった方からのご紹介です。
「糀谷君、社会保険労務士の専門知識を学ぶことが出来る機会は、どこにでもあると思うけれども、社会保険労務士事務所の経営を学ぶ場は、北見先生以外にないよ。」
と言われたことがきっかけです。
言うなれば、社会保険労務士業でなく、社会保険労務士事務所経営です。
これは、入塾させていただいて痛感しており、本当に良い機会をいただいたと感謝しております。

私のエピソードを申し上げますと、入塾の1年ほど前に北見先生に入塾にあたっての説明を聞く機会があり、その際に事務所経営の考え方を教えていただき、目からウロコだったことを覚えています(ちなみに、その話をそのまま実行したので、塾が始まる前には既に、塾の費用を上回る収入を得ていました)。

今も申し上げましたように事務所経営については十二分に学べますが当然、社会保険労務士業を学ぶ機会も十二分にあります。
北見塾で学ぶことが出来る社会保険労務士業は「まっとうな社会保険労務士業」であり、これを学ぶことにより「まっとうな顧客」と付き合うことができるようになります。

社会保険労務士事務所を経営し、まっとうな顧客と付き合いたいと思っている方には、ぜひ、北見塾を推薦いたします。

困っているときに共に考えてくれる、同じ立場の仲間に恵まれました
高橋邦名

高橋邦名高橋賃金システム研究所/東京都)

私自身、社労士としてそれなりに評価が与えられ、コンサルタント業務に追われてはいたものの、事務所経営の面では不安定経営を余儀なくされていました。
北見式賃金研究所への入塾により、社労士事務所としての安定、そして、永続的に成長・発展できる視点を数多くいただくことができました。
そんな事務所経営のノウハウに加えて、クライアント提案力強化のために、他の労務士と差別化できる情報コンテンツまでも次々といただき、それにもかかわらず年会費以外に費用が発生しないで使用できるのは驚きでした。

そしてなによりも、困っているときに一緒に考えてくれる同じ立場の仲間に恵まれることができました。それは大きな喜びであり、とっても心強いことです。
また、私たち社労士仲間ですすめる「ズバリ!実在賃金」は、私たちのクライアントである企業経営者に「恩返し」のできる社会的の意義の高いプロジェクトとなっています。
私も含め、仲間の力がさらにアップしていくことができます。

そのすべての求心力である北見式賃金研究所を心から応援します。
これから入塾を検討している方、ぜひとも入塾され、ともに切磋琢磨していきましょう。

ほか塾生紹介

清水 肇(清水式賃金研究所/愛媛県 第1期生)

清水肇

佐藤信吾(佐藤社会保険労務士事務所/長崎県 第1期生)

佐藤信吾

榊原秀樹(榊原式賃金戦略研究所/岡山県 第2期生)

榊原英樹

吉田幹生(吉田社会保険労務士事務所/佐賀県 第2期生)

吉田幹生

三村正夫(三村社会保険労務士事務所/石川県 第3期生)

三村正夫

田井中道江(田井中労務行政事務所/大阪府 第4期生)

田井中道江

大泉敦史(大泉式労務管理事務所/茨城県 第4期生)

大泉敦史

穴井隆二(穴井りゅうじ社会保険労務士事務所/熊本県 第4期生)

穴井隆二

菊地富二夫(菊地式賃金研究所/福島県 第4期生)

菊地富二夫

阿久津 渉(あおば労務経営事務所/埼玉県 第5期生)

阿久津渉

田中 徳(田中労務管理事務所/栃木県 第7期生)

田中徳

佐藤良一(佐藤社会保険労務士事務所/島根県 第7期生)

佐藤良一