北見昌朗メッセージ

雇用安定プロジェクト

「雇用の安定」のため、仕事をしたい

北見昌朗

今年初めのことだが、某顧客が本業からの撤退と全員解雇を発表。従業員は50人。北見は飛んで行き、協力を申し出た。その会社の事務所で合同企業説明会を開催して欲しい、と。参加企業は北見事務所が集めると。月内に実際に開催して、25社が参加。その場で相当数の再就職が決まった。北見事務所自身も1人採用した。社長の奥様が深々とお辞儀をして下さった。

もしも同様の問題が起きたら、私は直ちに同じような協力を実行させて頂く。

北見事務所は、雇用保険の事務手続きをご依頼いただいている顧客は236社で、その従業員(雇用保険の被保険者数)は2万9千295人。ほかにコンサルのみの顧客があり、顧客数は全部で350社。数十人ぐらいの人数なら、吸収するのは容易。欲を言わなければ全員再就職。路頭に迷わせない。

永年のお客様に対する感謝の気持ちであり、北見事務所にできることだ。「雇用の安定」のため、北見昌朗は仕事をしたい。

このような合同企業説明会は、ひょっとすると、今年は何回も開くことになるかも。

雇用安定のために仕事をしたい

小説やらまいか

セミナーのご案内

雇用安定セミナー

決算書のツボセミナー

アフターコロナを睨んだ経営戦略セミナー

キャンセル料に関する弁護士セミナー

下請法 弁護士セミナー

資金余裕を持つ秘訣

株式を後継者に譲る絶好のチャンス到来!

「雇用調整助成金」「小学校休業対応助成金」セミナー

不況に克つ!労務対策セミナー

ハローワーク視察付き求人対策セミナー

採ってはいけない人を見抜く!適性検査

ハラスメント防止対策セミナー

転ばぬ先の杖講座「雇い入れと退職」編

税理士が語(らない)れない税務調査対応 ココだけの秘策

これまでに開催されたセミナーはこちら
講演CDプレゼント
北見昌朗のマイオピニオン
人員整理する前に北見に連絡下さい。無料で、合同会社説明会を開催へ
「雇用の安定」のため、仕事をしたい(令和2年5月13日)
このままでは「出す出す詐欺」になる! 雇用調整助成金(令和2年4月25日)
飲食店などの小規模企業を雇用調整助成金では救えない(令和2年4月24日)
“ジャブジャブ コロナ景気”がやってきたあ!北見の夢(令和2年4月1日)
ロックダウン(都市封鎖)が実施されたら
中小企業が今行うべきコロナウイルス対策
勝手に早く出社してはいけないのか?
「東京都 中小企業賃金・退職金事情」に不正調査の疑惑あり!
働き方改革の弊害は日本を滅ぼす
“働かない改革”は“ゆとり教育”の二の舞になる!
「同一労働同一賃金」という政策の限界と会社の対応策
中小に残業させているのは「役所」と「大手」だ

ある、ある、こんなお悩み集

こんなお悩みを抱えていませんか?

  • 家族手当を払っているが、このまま払い続けて良いものかと迷っていませんか?
  • 住宅手当の支給基準がわからず困っていませんか?
  • 中途採用者の初任給の決め方がわからず困っていませんか?
  • 求人広告の代理店から「初任給が低すぎる」と言われて困ったことはありませんか?
  • 従業員出身の役員の報酬に関する基準を作りたくないですか? 上げる基準と下げる基準。
  • 労基署から「課長は管理監督者に該当しない」と指摘されたことはありませんか?
  • 従業員出身の番頭を「常務取締役」にした。その年収相場を知りたくないですか?
  • 残業代を別途払う前提の場合、課長の役職手当はいくらが妥当か?知りたくないですか?
  • 残業代の計算式が間違っていると指摘されたことはありませんか?
  • ガソリン代の高騰により、従業員から「足が出ている」と文句を言われたことはありませんか?
(株)北見式賃金研究所には、答えがあります。ぜひお悩みを打ち明けて下さいませ。