給与トップ> IPO(株式公開)を目指す会社のための労務管理セミナー

IPO(株式公開)を目指す会社のための労務管理セミナー

IPO(株式公開)を目指す会社のための労務管理セミナー

株式公開(上場)をするには、SCR(企業の社会的責任)が問われます。利益追求のみならず、コンプライアンス(法令順守)は当然のこととされます。

なかでも労務関係は、未払い残業代の問題等が焦点になります。そこで労務関係に的を絞り、その基準をクリアするために何が必要になるのか? を実例挙げながら解説します。

配布するレジュメは分厚い内容で、監査法人や、証券会社が実際に使用しているチェックシートをベースにして、Q&A形式でまとめてあります。

これを見れば、何を質問されるのか事前に予想できるので、対応策を練るのが楽になります。

証券会社が「コンプライアンスの一丁目一番地」と呼んでいる項目とは何かご存知ですか?

例えば、こんな事項が議論の焦点になります。
 Q 未払い賃金があったら、過去2年分、退職者も含めて払う必要があるか?
 Q 朝早く自主的に出勤してくる従業員に時間外手当を払う必要があるか?

主な内容
  • 労働時間の記録
  • 時間外手当の申請・承認
  • 賞与予算及び賞与額決定フロー
  • 退職金制度
  • 退職給付引当金の見積
  • 36協定
  • 社会保険の加入状況(労働保険、社会保険)
  • 管理職に位置づけている者の定義、該当者の人員数
  • 障害者雇用
  • 募集条件
  • 有期労働契約の無期雇用転換
  • 有給休暇の消化実態
  • 固定残業代
  • みなし労働時間制
  • 労務ハラスメントに対応する体制
  • 労使紛争
  • 労働基準監督署の調査
  • 年俸制の採用

社会保険労務士法人北見事務所は、顧客数350社で、その従業員数は3万人以上に及ぶ愛知県最大の社労士事務所です。顧客の中で上場企業は8社あり、ほかにも上場を目指すところも数社あります。

新規上場を目指す顧客には、監査法人や証券会社との打ち合わせに自ら参加しているので、どんな監査項目があるのか、何を質問されるのか、体験を持って知っています。

Q 単なるセミナーではなく、その後も労務顧問として、整備に協力してくれるか?
A もちろんOKです。外部の顧問という立場を超えて、社内スタッフの一員として、監査法人や証券会社との打ち合わせに参加させていただきます。

Q 当社は名古屋まで行けないが、対応可能か?
A ZOOMを使って、全国対応が可能です。

このセミナーは、定期的に開催していません。ご希望の方は、社会保険労務士法人北見事務所までご連絡ください。
mail: kitami@tingin.jp  (@は半角に書き換えてください)

所要時間は2時間。開催日時は打ち合わせましょう。個別マンツーマンで特訓させていただきます。
費用は10万円(税込み)。