給与トップ> 「問題社員」 困った事例と対応策 ココだけの話

「問題社員」 困った事例と対応策 ココだけの話

ハラスメント防止対策セミナー

講師としては、いささか困ったセミナーがあります。講師の私に少しもしゃべらせてくれないからです。

セミナーで、私(北見)が話し出すと、すぐ遮る声が…。
「あのー、ちょっと良いですか?」

お話をお伺いしてみると、昨年中途採用した幹部候補(年収650万円)の話。雇ってみると、サッパリ仕事はできない。でれでいて口は達者。社長が何か言うと、すぐ反論。
「それってパワハラです。人事権の濫用じゃないですか?」

(エッ! 人事権?)
もう、日頃は中小企業では使われない言葉だけに、社長は返す言葉もなし。

北見が相談に乗っていると、次なる質問がきました。
「あのー、良いですか」

北見は先ほどの質問(相談)にお答えしている最中ですが、その方は待ち切れない様子。

「実は女性社員のことで、相談です。その方は…」

その説明は延々と続き、聴いていると30分近くに及ぶ。ここまで来ると、講師も黙って聴くほかありません。
そんな、こんなで、90分のセミナー時間は過ぎました。
講師が用意したレジュメは、1ページも開かれることはありませんでした。

ご要望にお応えする形で、今後も務めさせて頂きます。

以下、参加者の方へのご案内です。


困った社員が時々いるものです。会社は対処に頭を抱え、まさに頭痛の種。そこで参加者をごく少人数(定員5人限定)に限定したミニセミナーを開きます。

対応策はココには書きません、いや書けませんが、講師が豊富な体験を元に事例を挙げながら話します。ごく人数を限定するから話せる、ホンネのトークです。

こんな社員いませんか?

 ×「パワハラされた」とスグに言い出す、仕事の出来ない人
 ×「心が折れました」と診断書を郵送してきて、休職してしまう、適応障害の人
 ×「腱鞘炎なんです」と、試用期間が過ぎると言い出したコック
 ×「行ってきます」と言って出掛けながら、どう考えてもサボっていそうな営業マン
 ×転職サイトに登録して求職していることがわかった、新入社員
 ×転職サイトに会社の悪口を書き散らしている、不満分子

主な内容

  • 実際にあった、こんな事例、あんな事例
  • 事前の予防対策(そんな人を採らないために)
  • 事後の対処(指導の仕方、人事異動の行い方、懲戒の行い方)
個別相談可能。セミナー終了後に個別相談ができます。17:30~18:00です。先着順で1社のみ。事前にメールでお申込下さい。
開催日 2020年
28日(火)[終了]
日(水)[満席御礼]
日(火)追加開催 15:30~17:00
11日(月)[中止となりました]
日(水)15:30~17:00
日(水)15:30~17:00
11日(水)15:30~17:00
時間 15:30~17:00
会場 (株)北見式賃金研究所(地図
参加費 1万円(税込)
当日現金でご持参ください。
定員 5名

社労士さんへ

地元(愛知・岐阜・三重)以外ならば、社労士法人北見事務所が主催するセミナーにご参加可能です。ただし、参加費は一般の3倍になります。(例:1万円の場合は3万円)

参加できないもの:賃金セミナー等

Q 北見昌朗と会いたいが、できますか?
A はい、OKです。北見昌朗が講師になっているセミナーには「講師は北見昌朗」と記載しています。その記載がないものは、北見昌朗が講師ではありません。

Q 北見事務所の事務所見学は可能か?
A セミナー(北見昌朗が講師のものに限定)終了後に、北見昌朗の時間があれば可能です。

セミナー参加お申込み

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

参加日 ※必須 7月8日(火)15:30~17:00
9月9日(水)15:30~17:00
11月4日(水)15:30~17:00
会社名 ※必須
お名前 ※必須
参加人数 名 ※必須
住所
※必須
電話番号(半角) ※必須
Mail(半角) ※必須
(お車でお越しの方)
駐車場利用台数
台 ※50台の駐車スペースあり