給与トップ> 雇用安定プロジェクト

雇用安定プロジェクト

雇用安定プロジェクト

中国発の武漢ウイルスのおかげで、多くの中小企業が破産倒産し、路頭に迷う人が出そうです。そこで社労士の有志が集まり、失業防止のためのプロジェクトチームを発足させました。

「人を減らす会社」に「人を増やす会社」を紹介することで、失業を未然に防ぎます。

両者の間に入って調整役をするのは社労士です。

事例(令和2年1月の実例)

A社は、廃業して「全従業員を整理解雇する」と発表した。
B社労士は、B社労士の関与先の中小企業を集め、A社の会議室で合同会社説明会を開催した。
A社の従業員の少なからずは、その会社説明会で面接した会社に転職した。

Q 当社は整理解雇をする予定だから「人を減らす会社」に該当する。当社にも救いの手を差し延べてもらえないか?
A はい、喜んで協力させていただきます。費用は一切要りません。ただし地域や業種によっては応じられないケースもあることをご承知おき下さい。

Q 社労士が、職業紹介をするのは職業安定法に抵触するのでは?
A ここで行うのは「人を減らす会社」に「人を増やす会社」を紹介することです。「人」に会社を紹介するのではありません。

Q 私も社労士で、この運動に参画したいが、可能か?
A 北見昌朗にご連絡を下さい。地域によっては協力者を求めています。

対象地域

東京/埼玉/神奈川/千葉(準備中)
愛知/岐阜/三重(令和2年5月発足)
大阪/京都/兵庫(準備中)
他の地方でも、手を挙げる社労士が出て下さっています。

世話人

北見昌朗(北見式賃金研究所所長) 愛知/岐阜/三重を担当
◎◎◎◎ 東京/埼玉/神奈川/千葉
◎◎◎◎ 大阪/京都/兵庫
このほかにも多くの社労士が主旨に賛同して参画しています。

各界の方の参画を求めています。どうかご支援下さいませ。

経営危機に陥り人員整理する方がいらしたらご紹介下さい

弁護士の先生方へ
こちらをご覧ください。

会計士税理士の先生方へ
こちらをご覧ください。

経営コンサルタントの先生方へ
こちらをご覧ください。

中小企業の経営者の方へ
こちらをご覧ください。

求人企業を集める必要があります。ご協力をお願いします

社労士の先生方へ
こちらをご覧ください。