給与トップ> 給与のココが問題!Q&A> 管理職手当に関する相談> 注目の新聞記事

給与のココが問題! Q&A

管理職手当に関する注目の新聞記事

過労で寝たきり賠償命令 「名ばかり管理職」
会社側に1億9000万円

「名ばかり管理職」として残業代のない長時間勤務の末、過労で意識不明の寝たきり状態になったとして、鹿児島県鹿屋市の元ファミリーレストラン支配人、松元洋人さん(35)と両親が、店を経営する康正産業(鹿児島市、肥田木康正社長)に約3億5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、鹿児島地裁であった。山之内紀行裁判長は過労と症状の因果関係を認め、同社に介護費用や慰謝料など約1億9000万円と、未払いの給与約730万円の支払いを命じた。 
 判決などによると、松元さんは2001年11月に正社員に採用され、03年9月から支配人として鹿屋市内の店に勤務。人手不足の中、接客や食材の仕入れ、パートの募集・面接、会計処理などに追われ休日返上で働いたが、管理職扱いのため残業代は支給されなかった。04年11月10日未明、帰宅後に心臓発作を起こし、低酸素脳症で意識不明となった。 
 発症までの半年間の時間外労働は月平均約202時間に上り、労災認定基準の発症1か月前の約100時間の2倍を超えていた。鹿屋労基署は06年1月に労災認定し、休業補償などの支給を決定した。 
 山之内裁判長は「会社の長時間労働に対する無関心ともいえる姿勢と、一切の残業代を支払わない労務体制が原因」と指摘した。 
 同社は鹿児島、福岡、宮崎県などに「ふぁみり庵はいから亭」など60店以上を展開している。柳田敏安常務は「判決文を見て、対応を検討したい」と話した。

[読売新聞社 2010年2月17日(水)]


管理職 必殺技は 丸投げだ /たぬきさん 
ものすごく 管理されてる 管理職 /みきをくん 
言ってみたい 上司を今すぐ チェンジして /ピュアレディ 
先を見よ  そう言う上司 上だけ見 /青山一柳 
今日もまた 明るい職場 ボスが留守 /高田酔興 
出世して 給料以上に 出費増え /ホワイトデー 

[第一生命 サラリーマン川柳より] 


[読売新聞の発言小町]
主に主婦層のホンネがドッサリ!経営者もたまには読んでみましょう。こんな書き込みが一杯です。

夫が昇進したら給与が下がった happa 2010年3月24日 1:30 
 今年に入って主人が昇進しました。今までは役職手当がついていたのですが、それはあてはまらなくなるので、それにかわるような手立てを考えてくれると上司から言われたそうです。しかし制度上無理ということで本社サイドから却下されたそうで今月から給料が大幅にさがるそうです。その減った分はボーナスで補填してくれると言われたそうですが、納得ができません。 
 主人本人は仕方がないと諦めムードですが、責任も仕事内容も重くなったのに、毎月の給料が部下よりも低く、単身赴任の費用も逼迫します。なにより制度的には不利になるのがわかっていて、安易に人事異動した会社に責任はとえないのでしょうか?

[読売新聞 発言小町より]