給与トップ> 裁判所見学付きセミナー「従業員はこうして提訴してくる! 裁判の手続きのイロハ」

裁判所見学付きセミナー
「従業員はこうして提訴してくる! 裁判の手続きのイロハ」

裁判所見学つきセミナー

皆さんは裁判所に行かれたことはございますか?

北見昌朗は、幸いにして足を踏み入れたことがございません。北見昌朗にとって、裁判所はテレビドラマの世界です。いささか古いですが、松本清張の殺人事件のドラマで目にする、あのシーンのイメージです。

一度くらいは行ってみたいものだと思い、こんな企画を立てました。名古屋地方裁判所の見学付き弁護士セミナーです。

パワハラだとか言って会社を訴える従業員が増えていますが、ところで裁判とはどう起こすのでしょうか? 労働審判とはどう起こすのでしょうか?

ここは逆に提訴する側の立場に立って、裁判の行い方を学んでみるのも良いと思います。

裁判を起こすイロハを弁護士にご説明いただきます。

こんな事例があったとします 解雇事件

Aさんは、メンタル疾患になり病欠で長期間休みました。会社は「休職期間満了」を理由として退職手続きをしてきました。

Aさんは、上司のパワハラ行為によってメンタル疾患になったと考えているので、この会社の態度に納得がいきません。解雇撤回および労災申請への協力を求めて、提訴します。

Aさんは東京支店に所属していて、住居は東京です。勤務先の本社は名古屋です。

頭に浮かぶ疑問点

  • そもそも訴訟は、どのように起こすのか?
  • 東京地裁でも起こせますか?
  • 裁判は、どのくらいの時間が要りますか?
  • どんな手間が要りますか?
  • Aさんが勝訴した場合、いくら取れますか?
  • 弁護士費用はいくらですか?
  • Aさんが敗訴した場合、いくらの費用が無駄になりますか?
  • 弁護士は、どこに頼めば良いですか? どうやって探すの?
  • 労働審判でも解決できますか?

会社が「訴訟リスク」から身を守るには…

裁判所の見学

講師の弁護士はこのようにおっしゃっています。

「法廷傍聴といえば、普通は『証人尋問』をイメージされる方が多いのですが、傍聴できる裁判の種類・内容は、当日にならないと分からないため、期待していたような傍聴(証人尋問)ができない可能性もあります。もしかしたら、証人尋問を傍聴できるかも?と思っていてください」

開催日 2019年
25日(水)
時間 11:00~12:30 セミナー
12:30~13:00 食事 「大森」にて
13:10~ 裁判所
講師 弁護士
会場 料亭大森。能楽堂の中です。ここに直接ご集合下さい。セミナーも昼食もここで行います。
名古屋市中区三の丸1-1-1 名古屋能楽堂内
TEL052-218-2220
食事:ひつまぶし御膳
参加費 1万3,500円(税込)
当日現金でご持参ください。

駐車場は、名古屋城正門の有料駐車場をご利用下さい。ナビは次のように設定すると便利です。
名城公園正門前駐車場(三の丸1丁目1 052-231-1655)

定員 10名(1社あたり2人まで可能)

社労士さんへ

地元(愛知・岐阜・三重)以外ならば、社労士法人北見事務所が主催するセミナーにご参加可能です。ただし、参加費は一般の3倍になります。(例:1万円の場合は3万円)

参加できないもの:賃金セミナー等

Q 北見昌朗と会いたいが、できますか?
A はい、OKです。北見昌朗が講師になっているセミナーには「講師は北見昌朗」と記載しています。その記載がないものは、北見昌朗が講師ではありません。

Q 北見事務所の事務所見学は可能か?
A セミナー(北見昌朗が講師のものに限定)終了後に、北見昌朗の時間があれば可能です。

セミナー参加お申込み

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

参加日 ※必須 9月25日(水)
会社名 ※必須
お名前 ※必須
参加人数 名 ※必須
住所
※必須
電話番号(半角) ※必須
Mail(半角) ※必須