給与トップ> メンタル疾患に伴う休職 対応セミナー

メンタル疾患に伴う休職 対応セミナー

メンタル疾患に伴う休職 対応セミナー

第1部 弁護士セミナー 13:30~15:00

雇ったばかりの新入社員がメンタル疾患で休んでばかりという経験はございませんか?

北見式賃金研究所の顧客では、最近あっちもこっちも、そんな事例が発生しています。健康問題は、すぐ労働問題に発展しがちです。そこで「私傷病に伴う休職」に関する弁護士のセミナーを開催します。

Q 4月に入社した新卒社員が6ヵ月の試用期間を経過した後に体調不良で休みがちとなり、週に2~3日程度の勤務となっています。できればすぐにでも休職発令したいのですが、できますか?

Q 解雇事由のひとつに「精神または身体の障害もしくは虚弱老衰、疾病等によって、勤務に耐えられないと会社が認めた場合」とあります。この場合の「虚弱老衰」とは具体的にどの程度の事象ですか?

Q 休職から復職を認めたものの、本人の状態を勘案して、職務を雑務などの軽作業とし、賃金を最低賃金近くに下げたり、パートにする等の処遇変更をすることに問題はありますか?

第2部 社会保険労務士 実務セミナー 15:15~16:45

うつ病などのメンタルヘルス問題は、今やどの企業でも抱える悩ましい課題です。現実にメンタル疾患が原因での長期休職者も少なからず発生しています。

しかなしながら、メンタルヘルスの問題は微妙な内容のため、メンタル休職者への対応には慎重を期す必要があります。

対応にあたっては法的な背景にも注意する必要があり、そのためには、対応に当たっての拠り所となる休職規定をいかに整備しているかが重要なポイントとなっています。

また復職に向けて、復帰支援のシステムとしてのリワークプログラムも昨今注目されていますが、そのメリット、デメリットを十分理解したうえで運用しないと、かえって負担が大きくなることもあります。

その① メンタル不全対応のQ&Aと休職規定の作り方

  • 断続欠勤者への休職発令は?
  • 試用期間経過後に休みがちになった者の休職はどうする?
  • 休職開始時にもらう「診療情報提供同意書」とは?
  • 従業員から休職申出があったら?
  • 欠勤継続後の解雇は?
  • 産業カウンセラーとの面談を拒否されたら?
  • 健康を理由とした解雇事由とは?
  • 復職可否判断の理由を会社は立証しなければいけない?
  • 診断書で「寛解」と書かれているが何のこと?
  • 復職後の処遇は?
  • 休職に該当しない自己の都合による欠勤は解雇事由になる?
  • ストレスチェックの事後措置は?
  • 北見事務所の休職規定

その② 産業カウンセラーの紹介とリワークプログラム

  • 産業カウンセラーとは?
  • 復職支援としてのリワークプログラムとは?
  • リワークプログラムの注意点
お持ち帰りいただけるもの
休職発令・復職願い・休職満了通知等の書式(データ)
開催日 平成30年 22日(木)
時間

第1部 13:30~15:00
講師:使用者側代理人として、数々の労働事件を処理されてきている弁護士

第2部 15:15~16:45
講師:(株)北見式賃金研究所のコンサルタント(北見昌朗ではありません)

会場 (株)北見式賃金研究所(地図
参加費 2万円(税込)
当日現金でご持参ください。
定員 10名(1社あたり2人まで可能)

セミナー参加お申込み

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

参加日 ※必須 2月22日(木)
会社名 ※必須
お名前 ※必須
参加人数 名 ※必須
住所
※必須
電話番号(半角) ※必須
Mail(半角) ※必須
(お車でお越しの方)
駐車場利用台数
台 ※50台の駐車スペースあり