給与トップ> 給与のココが問題!Q&A> 「家族手当を支給する会社」が減っている> 東京都の「中小企業の賃金・退職金事情」によれば

東京都の「中小企業の賃金・退職金事情」によれば

東京都は「中小企業の賃金・退職金事情」という名の調査を毎年行っています。

それは調査対象企業が1000社以上あります。企業が従業員の賃金や賞与や退職金を検討する際に有益な資料になっています。

その資料を「家族手当」「住宅手当」に絞って、過去に遡って調べてみました。

家族手当と住宅手当を支給する会社の割合とその金額

家族・住宅手当の支給状況

東京都の「中小企業の賃金・退職金事情」は、平成23年の資料を見ると、次のように載っています。

集計企業数: 1472社

家族手当を支給する会社: 59.6%
(配偶者11,414円、第1子5,269円、第2子4,897円)

住宅手当を支給する会社: 46.9%

家族手当を支給する企業の割合

平成23年 59.6% 
平成18年 64.5%     5年前 
平成13年 72.9%    10年前 
   : 
   : 
昭和57年 83.4%  約30年前

家族手当の支給額

配偶者 第1子 第2子
平成23年 11,414 5,269 4,897
平成18年 11,768 5,224 4,667
平成13年 10,934 4,613 4,070
        

「住宅手当を支給する会社」の割合

平成23年 46.9% 
平成18年 50.6%     5年前 
平成13年 55.2%    10年前 
   : 
   : 
昭和57年 64.0%  約30年前